食べる順番ダイエット

トップ 太りにくい食事 夜中に太らない為に 空腹対処法 太る原因

食べる順番ダイエットとは?

「食べる順番ダイエット」とは、その名のとおり、食べる順番をかえるだけでダイエットの効果が期待できるというダイエット方法です。

特別な準備やめんどうなカロリー計算が必要ありませんし、外食や飲み会でも実践できる手軽なダイエット方法です。
ダイエット初心者はまず「食べる順番ダイエット」から初めてみてはいかがでしょうか?

食べる順番ダイエットの方法

実践方法は簡単で、食事を@(ある場合は)汁物A食物繊維Bたんぱく質C炭水化物の順番で食べるようにするだけです。
食物繊維グループの食材は野菜やキノコ、海藻類など、たんぱく質グループの食材は肉類や魚類など、炭水化物不ループの食材はパン、ご飯、パスタなどです。

例えばから揚げ定食を頼んだとしましょう。
食べる順番は@お味噌汁AサラダBから揚げCご飯になります。

また、食べるときには「しっかり噛んでゆっくり食べる」ことを心がけるとさらに効果的です。

どうしてこの順番で食べると良いの?

食べすぎを防げる

一番最小に食べる食物繊維は満腹感を与えてくれる上に低カロリーの食品が多いです。 そして、最も脂肪に変わりやすい炭水化物を一番最後に食べることで、自然と糖質の食べすぎを抑えることができるでしょう。

血糖値の上昇が緩やかになる

炭水化物を食べると血糖値が高くなり、インスリンというホルモンが分泌されます。
インスリンは、糖をエネルギーに変えてくれるホルモンなのですが、それと同時に余った糖を脂肪として蓄える役割も あります。

炭水化物を一気に食べると血糖値が一気に上がり、その結果インスリンも一気に分泌されて脂肪を合成しやすくなります。
食物繊維から順番に食べると、血糖値がゆるやかにあがるため、インスリンの分泌が抑えられ、その結果脂肪の合成も 抑えることができるのです。



食べる順番を変えるだけでダイエットに効果がある「食べる順番ダイエット」。実践方法は「食物繊維→たんぱく質→炭水化物」の順番に、ゆっくりと良く噛んでたべるだけです。特に必要な道具や、面倒なカロリー計算もいりませんし、外食もOKの手軽なダイエット方法です。