体重維持

トップ 太りにくい食事 夜中に太らない為に 空腹対処法 太る原因

リバウンドしてしまう原因

ダイエットに成功して理想体重になったけど、前までの食事に戻した途端元通り…なんて経験ありませんか?
理想の体重を維持するのは、ダイエットを成功させるより難しいことかもしれません。
そもそもなぜリバウンドしてしまう人が多いのでしょうか?リバウンドしやすい人にはある特徴がありました。

    リバウンドしやすい人の特徴
  • 過度な食事制限を行うダイエット法を実践した人
  • 目標達成した瞬間全てをやめる
  • ダイエットに期間を設ける人
  • ストレスをためやすい人

あなたは何個当てはまりましたか?ダイエット成功後、体重維持をしていけるかどうかは、ダイエットの計画を立てる際に決まってくる といっても過言ではありません。
では、理想の体重を維持していくためにはどうしたらよいのでしょうか?段階を踏んでご説明したいと思います。


体重を維持する方法

ダイエットの目標をたてる際

@目標体重は、1ヶ月で体重の5%以内で定める
“ホメオスタシス”ってご存知ですか?これは体の機能の一種です。ダイエットしていてある時を境に痩せなくなったなっと思ったことありませんか? それは、この“ホメオスタシス”という機能が引き起こします。
身体に少量のエネルギーしか入ってこないと、飢餓状態と判断し消費エネルギーを節約し、さらに食事から余分なエネルギーを摂取しようとします。 そのせいで急に痩せなくなるのです。 この機能が最大に働くのが、1ヶ月で5%以上の体重が減った時です。短期間でいっきに痩せるのではなく、時間をかけてゆっくりダイエットしましょう。

Aダイエット方法は、過度な食事制限はさけ、適度な運動と規則正しい食事を取り入れましょう
食事制限だけで痩せようとする方がいますが、全くの逆効果。
運動もせずに、過度な食事制限だけを行うと身体の筋肉がなくなり脂肪へ変わります。筋肉がなくなると基礎代謝もどんどん落ち、太りやすい身体が出来上がってしまうからです。 無理のない食事制限と適度な運動が大事です。

Bダイエットの目標は、ずっと持ち続けること
ダイエットに期間を設けていっきに痩せたいという方が多いですが、ダイエットは持続していくことが大事です。何事も継続が大事なのです。 もちろん目標を設けることはとても大切な事です!目標を小さくしてでも、ずっと続けていくことをオススメします。


ダイエット中

@ストレスをためない
と、いってもダイエットなんてストレスがたまるものじゃない?という声が聞こえてきそうですね。
ダイエット中だから、友達との外食はいかない・飲み会も我慢…なんて、とても窮屈なことをしていませんか? 例えば、週に1回だけは友達と遊んで好きなものを食べるなど、息抜きをすることはとても大切なこと。他で調整すればいいのです。
我慢しすぎてストレスを溜めすぎると、よけい暴飲暴食の原因になりますよ。

A途中でやめない
当然のことですよね。効果がない!と辞めてしまう人がいますが、ダイエットは約3ヶ月して初めて効果がわかるといいます。
また、先程もお話した“ホメオスタシス”の影響で急に体重が減らなくなり、辞める方も多いのですが、最低1ヶ月は食事を元に戻さないでください。 しばらく続けることで、脳がこれは飢餓じゃないと認識し、元の状態に戻してくれます。成果がでなくても、焦らず根気強く続ける事が大切です。

B体重計に毎日のる
ダイエットする者の基本中の基本です。必ず同じ状態・同じ時間に毎日測りましょう。


ダイエット終了後

@すべてのダイエットを一気にやめない
ダイエットが終わると、急に開放的になり全ての事をやめてしまう方がいますが、これはNG!前と同じ生活に戻しては、前までの体に戻ってしまうことは考えれば分かるはずです。 自分の苦にならないことでいいです。運動は続ける、毎日3食バランスよく食事をするなど何かしらの努力は持続する必要がありそうです。

A体の消化を助けるものを摂取しずつける
身体を作るたんぱく質、調子を整えるビタミン・ミネラル・食物繊維をしっかり確保しましょう。また酵素も効果的です。
基礎代謝や消化エネルギーを高めることで、太りにくい体になります。

B体重計に毎日のる
ダイエット中でなくとも、毎日のることで体重の変化を把握できます。ちょっと増えたな!と思ったら、2・3日中に調整しましょう。



ダイエットの成功で理想体重になってもそれを維持していくことって結構大変ですよね。リバウンドさせない体重維持の方法をご紹介します。美ボディをゲットしましょう。