年末年始 太らない

トップ 太りにくい食事 夜中に太らない為に 空腹対処法 太る原因

忘年会や新年会は優先順位を決めて参加する

年末年始は、忘年会やクリスマス、新年会など、イベントが多いですよね。
また、みんなが地元に帰ってくるので、同窓会なども開催されがちです。
しかし、だからと言って、連日連夜暴飲暴食すると太ってしまうのは当たり前です。

年末年始のイベントの中には、絶対参加したいもの、付き合い上参加しなければいけないもの、不参加でも構わないものなど、優先順位がありますよね。
特に参加する意義が見出せないものについては、勇気を持って断ることも大切です
また、付き合い上参加しているという程度の飲み会なら、軽くつまむ程度にして1次会で帰るようにしましょう。
このように、優先順位をつけて楽しむことで、年末年始の劇太りを避けることができます。

食事の時間を決める

家族や親戚、友人など、何かと集まる機会が多い年末年始。
人が集まると、大皿料理が出てきたり、お菓子や果物を持ち寄ったりと、常にテーブルに食べ物が乗っている状態になってしまいがちです。
このような状態でダラダラ過ごしていると、一体自分が何をどれだけ食べたのかわからなくなってしまいがちです。
なるべく食事の時間はしっかりと決めるようにしましょう。

ところで、年末には、自宅に人が集まった時にみんなに持ってきてもらったお土産や、クリスマスプレゼント、お歳暮など、普段よりもお菓子をいただく機会が多くなります。
ダイエット中だからといってそんなに神経質になる必要はありませんが、一日に食べても良いお菓子は1個まで
たくさんいただいたお菓子はみんなにおすそ分けするようにし、自分の周りに常に大量にお菓子があるような状態にはしないことです。

食べ過ぎた時は翌日にリセットする

楽しいイベントがいっぱいの年末年始。
いくらダイエット中だからといって、みんなが楽しそうにしているのに、一人だけまったくお酒を飲まなかったりお菓子を食べない、なんて無理ですよね。
過度に我慢してストレスを感じると余計過食に走ってしまうかもしれません
罪悪感を感じながら食べると太るという説もあるそうです。

みんなで楽しむときは、思い切って楽しむようにしましょう
食べたものは、すぐに身につくわけではありません。
「食べ過ぎたなあ。」という自覚があるときは翌日の食事でリセットするようにしましょう。
朝、空腹でなければ、朝食は野菜ジュースや果物だけに留め、酵素サプリを飲むようにすれば、脂肪の蓄積は抑えられます



クリスマス、忘年会、新年会、などイベントが目白押しの年末年始は、一年のうちで最も太りやすい時期です。 ダイエット中でも楽しく年末年始を乗り切るためにはどのような心構えが必要なのでしょうか。年末年始に太らないための心構えを3つまとめてみました。